2018年度スローガン 栗原人として共に歩もう~愛郷心に溢れた地域とするために~

教育グループ

  • HOME »
  • 教育グループ

教育グループ 基本方針

担当常任理事 高橋 歩

 

家庭教育は、時代の流れと社会の変化とともに教育環境が大きく変化し、教育における地域社会や子供たちと関わる大人たちの責務が重要になります。また、生活環境の発展によりコミュニケーションツールが発達している一方で、子供たちの礼儀や他者を思いやる心、故郷の歴史や文化の知識を育みにくい状況にあります。我々青年会議所は未来の栗原を支える人財を育てるために共に学び、子供たちの未来(あす)を育んでいく必要があります。

まずは、4月例会として地域の人々とまちの歴史に触れ、栗原に住む大人としてまちに対する愛郷心を育むために、様々な観点から故郷を体で感じることのできる機会を通し、大人が共に栗原という住み暮らす故郷に関わることで、日頃の生活において地域の一員として物事を多面に考え未来を担う子供たちの学びの機会を増やします。そして、8月例会として地域の一員である私たち栗原市民が共に故郷の自然や食の文化に触れて、子供と大人が故郷に対しての想いを育むために、一緒に行動をして故郷を記憶で残すことのできる機会を通し、互いに支え助け合うことで、常に私たち市民の心の中には栗原が故郷である「栗原人」を育成し新たな教育を実施します。さらに、日本古来の歴史、神事、競技、文化を兼ね備えたモノを持つ相撲の素晴らしさを多くの子供たちに感じてもらうために、自身の力を信じて真剣勝負することや相手がいるからこそできる切磋琢磨の機会に触れ、33年という長きにわたり継続してきたわんぱく相撲栗原場所を開催し、感謝の気持ちを抱く心を育むことで、敬意と礼節そして「恩」を感じることができる子供たちを育成します。

栗原に住み暮らす私たちをはじめ子供と大人が互いに支え、そして助け合いながら地域社会に対する故郷の歴史や文化の知識としての教育方法を体感することで、未来を担う子供たちの成長につながる故郷教育を通し、栗原人として愛郷心に溢れた地域を実現します。

 

<事業計画>

・「栗原人」育成委員会

1.栗原の歴史・文化教育の研究と推進

・わんぱく相撲委員会

1.第34回わんぱく相撲栗原場所の開催と全国大会への出場

教育グループ担当例会

例会の開催(4月・6月・8月)

一般社団法人栗原青年会議所事務局 TEL 0228-22-1232 お電話受付時間 平日:10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人栗原青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.